TOP > 腱鞘炎の基礎知識~仕組みと構造~ > バネ指とドゥケルバン腱鞘炎
▽スポンサードサーチ

バネ指とドゥケルバン腱鞘炎

腱鞘炎で最も多い症状…それはバネ指(弾発指)です。
私たちが自由に指を動かすことができるのは、1本1本の指に腱が伸びているからです。その指の腱を屈折腱といいます(=曲げ伸ばしができる腱)。そして屈折腱が曲がる時、腱が浮き上がってしまうのを抑えるために、筒状の線維で腱を覆っています(筒状=トンネル)。それを靭帯性腱鞘といいます。
そして、屈折腱と靭帯性腱鞘が何らかの影響で摩擦を起こした時、炎症を発症します。その症状を腱鞘炎(=狭窄性腱鞘炎)といいます。
この腱鞘炎が進行すると…「曲げた指を伸ばそうと思っても、伸ばすことができない/指を曲げた時に、ガクッと曲がってしまう」→つまり、指のバネ現象を引き起こしてしまいます。この症状を、「バネ指」といいます。
バネ指は主に親指に発症…そして、50~60歳代の女性に多く発症するといわれています。
バネ指の症状が悪化すると、指の関節自体を動かすことができなくなります。
またバネ指を発症する原因として、指を使い過ぎる・重たい物の持ち過ぎるなどが挙げられます。それ故、バネ指にならないようにするには、同じ指に継続的負荷をかけ過ぎないこと…そして、必ず休憩時間を設ける=指のクールダウンが必要不可欠だといえます。
(さらにいうなら、グーパーと指のストレッチをすることが、腱鞘炎を予防する重要な要因でもあります。)

バネ指と同様、多くの人を悩ませている腱鞘炎があります。それがドゥケルバン腱鞘炎です。
ドゥケルバン腱鞘炎は、手首に発症する炎症です。ドゥケルバン腱鞘炎の症状として、「親指側に突っ張るような違和感がある・手首から親指にかけて激痛がある」等々が挙げられます。そして、男性よりも女性に多く発症する傾向があります。
(女性に多い理由として、妊娠中・産後・更年期の影響があるといわれています。)
また自分がドゥケルバン腱鞘炎であるかどうか見極める方法として→親指を中に入れて、握りこぶしを作ってください→その親指を小指側にねじってください→痛みを強く感じるようであれば、ドゥケルバン腱鞘炎と思って間違いありません。
ドゥケルバン腱鞘炎の主な原因として…やはり、手や指の酷使が考えられます。最近でいうと、インターネット産業が興隆していることもあり、パソコンの使い過ぎなどによっても発症しています。
ドゥケルバン腱鞘炎に限らず、すべての腱鞘炎にいえること…それは痛みがあるならば、炎症部分を安静に保つことです。何故なら、それが腱鞘炎を完治する一番の近道だからです。