TOP > 様々な治療法 > 腱鞘炎とサポーターの役割について
▽スポンサードサーチ

腱鞘炎とサポーターの役割について

関節の使い過ぎによって発症する腱鞘炎を治癒するために、様々な処置法が施されています。   例えば、その1つがサポーターです。   サポーターのメリットは、無意識に動かしそうになってしまう指/手首等々を、柔軟性を持って固定することができることです。   そしてサポーターにテーピングの効果をプラスしたモノもありますが、あまりにも患部を固定し過ぎる結果、逆に痛みを伴うことがあるので注意する必要があります。   しかしどちらにしても、外出時にサポーターがあれば非常に効果があるのは言うまでもない事実です。   ただしそれほど役に立つサポーターであっても、弱点もあります。   実はサポーターもテーピング同様、患部の締め付け具合によって、血流を遮断する可能性があるからです。 (※血流が遮断されれば、腱鞘炎の治りも遅くなります。)   またこれは脚の腱鞘炎の場合ですが、サポーターで患部を固定するあまり、正常な脚に強い負荷が掛かり腱鞘炎を発症してしまう場合もあるのです。   こうしてサポーターのメリット/デメリットを考えた時、もしかしたらサポーターにも「もろ刃の剣」的な部分があるのかもしれません。 (※もろ刃の剣…一方では非常に役に立つが、もう一方では大きな害を及ぼすことをいいます。)