TOP > 様々な治療法 > 腱鞘炎に有効とされるストレッチについて
▽スポンサードサーチ

腱鞘炎に有効とされるストレッチについて

最近の傾向として、何時間もパソコンのキーボードやマウスを使い続けることが当たり前になった感があります。

そしてその代償として、「パソコン症候群」/「マウス症候群」と総称される腱鞘炎を発症する人が急増しています。

しかし腱鞘炎を発症したとしても…そして、どんなに手に痛みを感じようとも…仕事(時間)は待ってくれません。

だから私たちは腱鞘炎が発症しないようにするため、様々な予防法を立てる必要があります。

そして、その予防法の1つにストレッチ&姿勢があります。

この項では、ストレッチ&姿勢の予防法について触れてみたいと思います。

 

○パソコンに向かう姿勢について…

パソコンのキーボードと自身の肘の角度が、約90度になる状態を保ってください。

この状態が上がり過ぎても/下がり過ぎても、手(指)への負担が増えてしまいます。

パソコンに向かう姿勢の悪さが、腱鞘炎を誘発することを覚えておいてください。

○マウスの大きさについて…

「マウスはどんな大きさでも関係ない。」と思っていませんか。

実はマウスが大きければ大きいほど、腕や肩(手)への負担が増えるのです。

なるべく、マウスは小ぶりなものを使用するようにしてください。

○手首のストレッチについて…

まず、マウスを持つ腕を前方に真っ直ぐ伸ばしてください。

そして、手の平を上に向けます。

その手の平をもう一方の手を使って、身体の方へ曲げてください。手首の筋が伸びて、気持ち良く感じると思います。それを数回、繰り返してください。

○指のストレッチについて…

指を手の甲の方向へ、1本ずつそらしてください(2~3セット)。ただし、くれぐれもそらし過ぎないようにしてください。

○手から腕にかけての総合ストレッチについて…

足を肩幅程度に広げてください。

次に両腕を肩の高さよりも、少し上に保ち横に広げてください。

そして、その腕を上にあげてください(耳に付くように)。

最後に、息を吐きながらゆっくり腕を下ろします。このストレッチを5回程度、繰り返してください。

 

上記に明記したストレッチ&姿勢の予防法を、1~2時間に1度、繰り返すようにしてください。

仕事が忙しすぎて大変だと思いますが、少しだけ手や腕を休めることによって、腱鞘炎を予防することができるのです。

しかも、それだけではありません。

そうしたリフレッシュタイムを設けることが…結局、仕事の能率アップに繋がります。

是非、みなさんも実践することをお薦め致します。