TOP > 様々な治療法 > 冷やす・温めの効果
▽スポンサードサーチ

冷やす・温めの効果

腱鞘炎を発症した時、自分自身でできる治療方法…それは何といっても、炎症部分を安静に保つことです。しかし仕事・日常生活を過ごす中で、ずっと安静を保つことは難しい現状でもあります。そうした現状を考えた時、安静を保つこと以外にどのような治療方法があるのか考えてみたいと思います。

○冷やす効果…
腱鞘炎が初期症状であれば、冷やす治療方法は非常に効果的だといわれています。
例えば腱鞘炎の症状がありながら炎症部分を使った場合、その部分が火照った感覚を持つことがあります(=熱を持つ)。そのような時、炎症部分を冷やす治療方法が有効だと考えられます。例えば…ビニール袋に氷水を入れて冷やす/サポーターなどを使って、炎症部分を保冷剤で冷やす…(目安は15~20分程度)
冷やす=アイシングです。
野球が好きな人なら、次の光景を目にしたことがあると思います…「ピッチャーが試合後、肩に何かを巻いている」…実はアイシングをしているのです。
ピッチャーは、何十球もボールを投げます。投げ終われば、肩に熱を持ちます。つまり試合後、アイシングをすることで肩の熱を冷やしているのです(=正常な状態に戻す)。
それは、腱鞘炎の場合も同様なのです。熱を持つ→腱や腱鞘がオーバーヒートを起こしかけている→炎症部分を冷やす→正常な状態に近づける…
炎症部分を冷やす→上記に「(目安は15~20分程度)」と明記しています。何故、時間を区切っているのでしょう。
それには、身体の原理が関係しています。基本的に人間の身体には、冷やす行為は良くないからです。だから時間を区切ることで、腱鞘炎の炎症部分の状態をチェックする必要があるのです。
(その時間だけ冷やして効果が見られなければ、別の治療方法を考える必要があるのです。)

○温める効果…
私たちの身体は温めることによって、すべての細胞が緩やかになります。それは腱や腱鞘・筋肉も同様です。つまり、作業を行う前に炎症部分を温めることで、痛みを発症させない効果があるといわれています。
治療院などの施術として使われる超音波療法・レーザー照射等々も、温める治療方法の1つです。さらにいうならば、整体院・カイロプラクティックの施術・鍼灸院治療・整骨院治療なども、温め効果の治療方法の1つといえます。
また慢性的な腱鞘炎に苦しんでいる人の場合も、温める方が良いとされています。
「冷やす・温める」…どちらにしても間違った治療方法をすると、さらに炎症部分の痛みを増幅させることになります。きちんと活用することで、腱鞘炎の症状を少しでも軽減させるようにしましょう。